ダークソウル3 ボス攻略:法王サリヴァーン

Last-modified: Tue, 10 May 2016 23:18:20 JST (1554d)
Top > タ行 > ダークソウル3 > 法王サリヴァーン

出現場所

ドロップアイテム

  • 法王サリヴァーンのソウル

ボス情報

攻撃方法有効度備考
パリィ二刀以外のほとんどの攻撃はパリィ可能
背後×背後からの致命攻撃は不可
体勢崩し×なし


1周目2周目
HP
ソウル


弱点属性状態異常致命
-----××

協力NCP

◆黒い手のゴットヒルト

  • ボス扉前の正面。
  • 召喚するとジェスチャー「剣に誓って」入手。
    ◆ロンドールの白い影
  • ボス扉前の右側。
  • 暗い穴5、ロンドールNPCと敵対していない状態で白サインが出現。
  • 召喚するとジェスチャー「開戦礼」入手
    ◆アストラのアンリ
  • ボス扉前の左側。
  • ヨルシカ教会でアストラのアンリと会話した後に白サインが出現。

法王サリヴァーン攻撃パターン

HP60%以上

  • ダッシュ斬り
    ダッシュして距離をつめ、炎の剣で斬る攻撃。
    開幕など距離が離れている時に使用してくるので、開幕パリィを狙うのもあり。
  • 突き→派生
    魔力の剣で突く攻撃。派生パターンが非常に多いため見きるのが困難。
  • 突き派生1(斜め斬り→回転斬り→斜め斬り)
    炎の剣で斜め斬り、回転斬り、斜め斬り。
  • 突き派生2(回転斬り→斜め斬り→突き)
    回転斬り、斜め斬り、突き。
  • 突き派生3(回転斬り→連続斜め斬り→斜め斬り)
    回転斬りから連続斜め斬りに派生し、最後に振りの早い斜め斬りで〆る連続攻撃。
  • 突き刺し攻撃
    魔力の剣で突き刺す攻撃。
    突きと同様のモーションだが、突き刺しは声を上げながら突進してくる。
  • 回転振り上げ
    前進しながら剣を振り上げ攻撃をし、その勢いのまま回転する。
  • 叩き斬り
    前進しながら炎剣で叩き斬る攻撃。
  • 連続斜め斬り→派生
    炎の剣で斜め斬りをし、その勢いのまま更に斜め斬りをする攻撃。
    更に突き、斜め斬りに派生することもある。
  • 炎剣斜め斬り→魔力剣横斬り→炎剣なぎ払い→魔力剣突き→両手振り上げ→両手なぎ払い
    両手の剣を頭上で構えてからの連続攻撃。非常に長い連続攻撃だが、魔力剣突きで止めることもある。
  • 炎剣振り払い→回転斬り
    振り払うように炎の剣を振る攻撃。
    攻撃の隙を消すように攻撃するので、連続攻撃を途中で止めた場合などに多用する。
    非常に引っかかりやすいので、完全に連続攻撃を出しきった後か、真後ろ以外は安全ではない。
  • 魔力剣振り払い→斜め斬り
    振り払うように魔力の剣を振る攻撃。
    攻撃の隙を消すように攻撃するので、連続攻撃を途中で止めた場合などに多用する。
    HP60%以下
  • 羽を生やす
    HP60%以下になると一度だけ使用。
    屈んだ後に羽を生やすと同時に周囲に爆発と黒い煙によるダメージがある。
  • 分身魔法
    剣を顔の前で構え、紫の半透明な分身を出現させる。
    分身はHPが低く、本体の行動の前に攻撃を開始し、本体は分身の攻撃をなぞるように攻撃する。
  • ジャンプ斬り
    垂直に飛び上がり、上空からこちらに向かって斬りかかってくる攻撃。
  • ジャンプ突き刺し
    垂直に飛び上がり、真下に炎剣を突き刺して爆発させる攻撃。
    サリヴァーンの周囲に判定があるので距離を取って回避しよう。
  • 飛び込み突き
    前方に跳び、魔力剣で突き刺す攻撃。
  • 斬撃光波
    魔力の剣による斬撃光波を飛ばす攻撃。盾ガード可能だが魔力ダメージなので注意。
  • 突き光波
    魔力の剣による突き光波を飛ばす攻撃。
  • 振り下がり
    炎剣を振り上げながらバックステップする攻撃。

法王サリヴァーン 攻略方法

特徴

  • 右手に炎付与の剣、左手に魔力付与の剣を持っている。
  • いくつかの攻撃パターンを組み合わせて連続攻撃を多用してくるので隙が少ない。
  • 攻撃できる隙を見極めることが重要になってくる。
  • 炎と魔力の剣を使用しているため少し貫通するが、スタミナ削りは弱いので盾ガードが有効。
  • また、ほとんどの攻撃がパリィできるので、狙っていくのも悪くはないだろう。
    HP60%以下
  • 分身魔法を使うようになる。
  • 分身後は本体の攻撃前に分身が同じ攻撃を使用してくる。分身にもHPがあり、倒すと分身が消える。
  • 分身が邪魔なため、できれば範囲攻撃で本体と同時にダメージを与えていくと良い。
  • 分身が消えても再度分身魔法を使用してくるが、隙が大きいので攻撃のチャンスにもなる。